Entry: main  << >>
小さな店はおもしろい

 

 

 

今日は新作の打ち合わせがありました。

新しく改装した部屋をご覧になるなり「わー、ステキステキ!ここで本読みたーい♪」と

店主よりこの場所にフィットするUさん♡

 

新作のサンプルを見せていただいた後は、

ひとしきりものづくり談義に花を咲かせました。

 

つくる側と売る側。簡単にひとことで「つくる」と言っても、

そこには幾層もの工程とプロが持つ高い技術力、

つくるひと同士の綿密なやりとりがあり、商品生産へつながっていく。

 

「体温が伝わるものづくりがしたい」


というUさんの穏やかな口調の中に、ブレのない強さを感じたのでした。

 

売る側のわたしとしては、それを編集して場をつくり伝えていくのが仕事。

消費のスタイルが変わり、ただつくって売ることが当たり前じゃない、

人の体温と生き様までも表現できる深みある時代になったと思いました。

自分で生産することはできなくても、誰かの暮らしや人生のそのちょっと深く。

そこに関わったり繋いだり出来るから、ちいさな店はおもしろいのです。

 

 

 

 

Uさん自ら、国産の藍を手で5回も染めたというワンピースと、

1枚で様になるギャザーチュニックが入荷しました。

ジーンズや、テーパードパンツ、チュニックはワイドパンツにも似合います♡

 

 

 

| Kurumian | 15:11 | - | - | pookmark |

Entry

Category

Link

Profile

Search

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode