Entry: main  << >>
器のある風景




美しすぎて、余計な説明は不要の八木橋さんの飴釉のポットとカップ。
杉の木クラフトの漆の丸盆とともに。
どうやったら、こんな色が出せるのだろう、、、と、思わず陶芸家目線で見てしまいます



政岡さんのカレー皿。
店主はアジア料理が大好きなので、重宝しています。
タイのガパオライスもいいな♡お腹が空いたなあ、、、笑



沖縄で7年間修行された平岩さんのグラス。
このクラッシックな雰囲気が、どんな器やテーブルともしっくり馴染むのです。



空豆プレートは、妹版のちいさめサイズとともに、
近日WEBSHOPで発売いたします。どうぞお楽しみに。



沖澤さんのカラフェと、平岩さんのモールグラス。
どこか民藝の香りが漂います。



先日の連休で品薄になっているカッティングボード。
ただ今、新作製作中です。小さめブラックウォルナットから、
正方形のくるみ、久々の花梨まで。
今回、持ち手のなめらかさがたまらない1枚に仕上がっています。




| Kurumian | 17:46 | - | - | pookmark |

Entry

Category

Link

Profile

Search

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode